NHOについて

大阪にあるプロテスタント教会

ニューホープ大阪教会

ニューホープ・インターナショナル・フェローシップ大阪は、キリスト教プロテスタントの教会です。ハワイのホノルルにあるニューホープ・オアフの枝教会として2005年10月に誕生しました。

日曜礼拝は日英バイリンガルで、ドラマや映像、メンバーの体験談、ゴスペルダンスなどを用いて行われています。メッセージは、日常生活で直面する問題に関連したもので、分かりやすく、実生活に適用できる聖書の教えを学んでいます。

ニューホープは、皆さんの励ましとなり、お一人一人が救い主であるイエス・キリストを知るようになることを願っています。どうぞ、お気軽にいらして下さい!そして、神の愛についての良い知らせ~Good News~をお聞きください。

私たちは暖かい心を持って、皆さんをお待ちしています!

リーダーシップ・チームの紹介

ジェームズ・ヘッティンガー

ジェームズ・ヘッティンガー

主任牧師

ジェームズ牧師は、15歳の時にクリスチャンになりました。そして大学時代、世界各地から留学生に福音を伝える中で、宣教への思いが与えられました。宣教訓練を受けたジェームズ牧師は来日し、開拓伝道チームを導き、千葉県、四国、富山県で教会を開拓し、牧会しました。ジェームズ牧師は、日本人、そして世界各国から来日する人々がキリストにあって成長し、主の栄光のために霊的賜物が用いられることを見たいと願っています。
リン・ヘッティンガー

リン・ヘッティンガー

賛美チーム ディレクター

賛美チーム ディレクターとして、賛美チームを導いています。15歳でクリスチャンになって以来、彼女のパッションは賛美と礼拝を通して、神に栄光をささげることです。彼女は日本で30年以上、日英両国語で賛美ミニストリーを行ってきました。夫のジェームズ牧師とともに、日本で3人の子どもを育てながら、世界宣教と日本での教会開拓の働きに従事してきました。
康平原

康平原

育成担当ディレクター / 管理者

大学1回生の時、イエス・キリストを信じました。卒業後、4年間、出版社に勤務。2003年より、日本キャンパス・クルセード・フォー・スタッフになりました。2005年より大阪勤務。以来New Hope 大阪に集っています。現在はキャンパス・クルセードの大阪地区のリーダーとして、大学生にイエス・キリストを伝えています。2010年に結婚。趣味は水泳です。

奉仕チーム・リーダー

Masao Tsumugi

Director of Equipping, Administration

Toshihiro Ninomiya

Tech Team

Yuki Usuki

Worship Team & Accounting

Sachiko Shimbara

Prayer Team

Young Ok Nakayama

Greeting & Prayer Teams

Mami Ishikawa

Special Events & Greeting Team

Erich Boileau

Youth Pastor & Web Design

Keiko Hara

Translation

Kevin Kobayashi

Graphic Design & Special Events

Sheri Kobayashi

Hospitality

私たちのビジョン

ニューホープ大阪 モットー

「神を愛し、イエス・キリストの愛と信仰で、人々に届いていこう!」

深く強く成長する

「深く強く成長する」。これがニューホープ大阪のビジョンです。教会の土台はイエス・キリスト(1コリント3:11)。この土台を築く年としていきましょう。

ニューホープ大阪の使命

ニューホープの使命は、イエス・キリストの福音を宣べ伝えることです。それは、未信者が救われ、弟子となり、弟子が成熟した指導者となって実を結び、世界に出て行って、人々をキリストのもとに導くことでなされます。

コアバリュー 共通価値

この9つの価値は、ニューホープのメンバーの心に刻み込まれた原理です。

この共通価値で、皆が同じ愛の心を持ち、霊の一致があり、ひとつの目的を持つことができます。

.私たちは、信者も未信者も同様に、ひとりひとりが神さまと、その御国において価値ある者だと信じています。

神さまにとって、人間は永遠に価値ある存在です。だから私たちにとっても、ひとりひとりは価値ある存在です。伝道は常に私たちの目的であり、弟子訓練はいつもミニストリーの中心にあります。マタイ18:14、マタイ25:45、2ペテロ3:9

.私たちは「チームでする教会づくり」が、効果的な働きを生み出す、神さまに示された方法であると信じています。
ひとりひとりが聖霊に力づけられ、心から仕えることで、神さまの目標を達成していきます。伝道者4:9-12、詩篇133:1、エペソ4:11-16、1ペテロ2:4-9

.私たちは、工夫を凝らしてイエス・キリストをわかりやすく伝えることが、人々の心にインパクトを与え、内側から変えられる結果につながると信じています。

御言葉に忠実であることと、現代文化で理解しやすい芸術を用いることのバランスを常に保つように努めています。このバランスによって、人々の心に届きやすい方法で、福音を伝えることができるのです。1コリント9:22-23、使徒17:22-23

.私たちは、教会員ひとりひとりが常に霊的成長に専念するライフスタイルを持つために、誠実なアカウンタビリティー(互いに心を分かち合える関係の責任)を持つべきだと信じています。心から神さまを愛することが、最も大切なことです。すべてのクリスチャンが、霊的な成長を願い続けるべきです。小グループや、アカウンタビリティー、正直な関係は、信仰成長には欠かせないものです。マルコ12:29-31、使徒2:44-47、1ペテロ2:2、1テモテ4:7、箴言27:17

.私たちは、教会員ひとりひとりが働き人であり、与えられた賜物を発見し、育て、用いることで、神さまに仕えることができると信じています。

私たちは賜物を用いる奉仕者によって形成される教会です。教会員ひとりひとりが、自分の賜物と情熱によって仕えるとき、最高の喜びと満足を見出すことでしょう。すべてのクリスチャンは、主の働きのために造られ、賜物を受け、権威を授かり、主の働きのために必要とされています。マルコ10:45、エペソ2:10、ローマ12:1-21、1コリント12:14-20

.私たちは、神さまこそが最善を尽くすにふさわしい方だと信じています。

成長しながら、最善を尽くす精神が、すべての活動に浸透しているべきです。完璧主義に陥ることなく、常に神の御国のために評価され、喜んで改善しながら、すぐれたものを神さまにささげようとすることが、成長し続ける働きの特徴です。詩篇78:72、ダニエル5:12、コロサイ3:17、伝道者10:10

.私たちは、純粋な愛と思いやりあふれる関係が、私たちが行うすべてを活かす鍵であると信じています。

不平不満に耳を貸すことなく、神さまに栄光を帰し、聖書的な人格を築く方法で、勇気をもって問題解決に取り組みます。御霊の一致を保ち、互いの間の健全な関係を大切にしていきます。ヤコブ1:2-3、1ペテロ3:8-9、1コリント13:8、ローマ16:17、エペソ4:3

.私たちは、人が人を招く時、最も効果的な伝道が行われると信じています。

いのちがいのちに届くと信じます。教会員ひとりひとりが、家族や友人と偽りのない純粋な関係を築き、彼らを招くのです。キリストに人を招く時、伝道はライフスタイルとなるのです。箴言11:30、ヨハネ1:43-45、ヨハネ4:28-30

.私たちは、キリストに完全に献身し、次の世代に福音を伝える将来のリーダーを見出し、彼らを訓練することが重要であると信じています。

神さまは、敬虔で、純粋な信仰としもべの心を持つ、次の世代のリーダーを起こして下さいます。2テモテ2:2、1テモテ3:1、テトス1:5-9、詩篇78:6,7